無限空間ー新館

1973 MFJ第3戦ノービス125 (CB125S・SRT/SPL) 「21」 鈴鹿サーキット

122ccNOS部品 シリンダー/ピストン(365)を購入

送料含めて約5.5K円 まあまあだ

f:id:srt_mugen:20191130132718j:plain

使用した痕跡は無いが、汚れ有り 磨けばOK

f:id:srt_mugen:20191130132805j:plain

ピストンは「XL125K0/K1(365)」ボア56ミリ 122cc

f:id:srt_mugen:20191130133036j:plain

トップ形状は、大きく異なる

f:id:srt_mugen:20191130133223j:plain

上の画像と左右が異なる 高圧縮だ

左:CB125S(330刻印)まっ平  右:XL125K0/K1(365刻印)

f:id:srt_mugen:20191130132921j:plain

左のCB125JX(J,383)よりも、高圧縮だ

残念な事にリング幅が1.2ミリなのでCB用(1.5ミリ)は使えない

f:id:srt_mugen:20191130133018j:plain

珍しい物を入手出来て、ニッコニコ(笑)

大昔のレース用エンジンは、「365」がベースなのは内緒(いまさら)

特に、ヘッドは「RSCキット」より高性能だった

ピストン/リング/ヘッド/カムシャフト/バルブ/バルブSP/ロッカーアーム/ヘッド本体/キャブフランジ

と、ほとんど専用部品(最大の違いはポート形状、外から判別可能)

このバイクである 今見ても、超カッコイイ~

同じ時期に「XR75」輸出車が有り、

CRキャブ用(と思われる)のスロットルハウジングが付いていて、

自分のCB125SレーサーのCR31改32に流用した(懐かしい~)

ワイヤーは、強制開閉キャブのCB500fore用を使った

f:id:srt_mugen:20191130163401j:plain