無限空間ー新館

1973 MFJ第3戦ノービス125 鈴鹿サーキット  「21」

NSR250R リアサス専用プリングコンプレッサー製作-2 (改良-1)

今日は、作業疲れで腰が痛いが、ちょっと気になった改良を行う

ノーマルサスの下側を受けるプレートの位置決めが出来ない

M3キャップボルトを4個付けて、キッチリ決める

M3P0.5のタップ作業は、慎重に(下穴は、2.6ミリにした)

f:id:srt_mugen:20190921141014j:plain

出っ張ったネジは削る ナットにスパナを掛ける時邪魔になるため

f:id:srt_mugen:20190921141113j:plain

SP用は、「インロー」でキッチリ決まるので問題無い(専用)

f:id:srt_mugen:20190921141153j:plain

午後1時から2時まで作業 涼しくて快適だ

NSR250R MC18 '89SP リアサスの分解

'89SP用サスのスプリングを外す キズが付くことも無く簡単にやれた

ストップリングで留まっているので、ナットを緩める必要は無い

f:id:srt_mugen:20190920093002j:plain

下部のナット周りに「土」が固まっていた!

ほじくり出して、簡単に清掃 残念ながら、ガス抜けだった 

これ以上分解出来ないので、ショップに頼むしかないかな?

幸い「オイル漏れ」は無かった(濡れ等も無い)

f:id:srt_mugen:20190920093018j:plain

ノーマルサスのスプリングも簡単に外れた 

やはり専用工具は便利だ

f:id:srt_mugen:20190920093031j:plain

6時半から、なんだかんだ作業して9時に終了

気温は22℃ 暑くなく快適だ

午後、ロングボルトとナットを買って来る 

スプリングと接触しそうなので、ボルトカバーのチューブも取付る

長さを揃え、燃料チューブを被せで完成 中々良い!

f:id:srt_mugen:20190920142747j:plain

 

NSR250R リアサス専用プリングコンプレッサー製作-1

スプリングに直接掛けて縮める工具は、スプリングの塗装が剥げるし

2本のネジなので、相当な力が必要で1個外すだけで疲労困憊

f:id:srt_mugen:20190913120306j:plain

そこで、上下のブラケットを押す「専用コンプレッサー」を製作した

上側板厚4.5ミリ 下側3ミリ(ちょっと薄かったかも?) 

上:'89SP用(ボルトはもっと短くする)

下:88/89ノーマル用(専用ボルトを用意する予定)

f:id:srt_mugen:20190919204723j:plain

サスの交換作業に使うチェーンブロックを引っ掛ける部品も作った

これでチェーンブロックが落ちる事は無いだろう(苦笑)

f:id:srt_mugen:20190919205209j:plain

f:id:srt_mugen:20190919205224j:plain

加工作業はライトデザインにて行った 小嶋社長 Thanks!!

1時半から8時過ぎまで掛かった やれやれ

XLR200R シートを低く削る-1

長距離を走るとお尻が痛いし、フカフカした柔らかさが気に入らない

これを、どげんかせんと!と思い立ち作業に掛かる

「XLR125Rシート」をYオクで手に入れて、少々(2cm?)削る

ウレタンフォームの劣化も有るが、水分の浸入は少ない

まず中心線を引き、左右に同寸法に印を付け「削り線」を書く

線に沿って金鋸で横方向に切り進む 

切れは良くないので急がない どうしても中央部が凹むf:id:srt_mugen:20190917143051j:plain

f:id:srt_mugen:20190917143102j:plain

仕上は#40の紙ヤスリで全体を整え、角部も軽く仕上げた

お尻が当たる部位がフラットになって、良さげな雰囲気~

f:id:srt_mugen:20190917110730j:plain

表皮の先端(タンク側)が10cmほど糸が切れて開いていたので修理

表皮を引っ張りながら、エアータッカーでバチバチ留めて行く 

日差しで表皮が柔らかい夏日がやり易い

表皮とスポンジの間にポリシート(ゴミ袋利用)を挟んだ

f:id:srt_mugen:20190917110848j:plain

200Rのシートはこんな感じ('10/7/31に表皮は交換)

f:id:srt_mugen:20190917111016j:plain

125Rの改造シート 軽い段付きになった(前後端は削らない)

二人乗り用のバンドは、取付ネジがサビで折れたので付けない

f:id:srt_mugen:20190917111049j:plain

近所をぶらり 中々具合は良い もう少し固くても良さそう

シートの高さも低くなったので、足付性は改善(笑)

いつもの「ふと?思い付き」で加工したが、上手く行った

f:id:srt_mugen:20190917111139j:plain

表皮は劣化しているので「皺(シワ)」がよるのは仕方ない

「野口シート」さんで、同じ形状で作り直してもらいたいが、

幾ら位掛かるのかな? ま、そんなに乗らないので我慢我慢

f:id:srt_mugen:20190917111226j:plain

 

6時半から10時半まで作業/試走する

シート張替えは暑い日に限るが、汗びっしょりになった

B.O.B.L. 初見学

「Battle Of Bottom Linkの略で、1964年迄に生産された、

ボトムリンク式サスペンションを備えたモーターサイクルのみが

参加出来るロードレースイベントです。」との事

本日、筑波1000で開催されるので、降雨でも行く

ビショビショの路面ながら、皆さん気合十分!

f:id:srt_mugen:20190916142224j:plain

スタート風景 クラスによっては「押し掛けスタート」も有り

f:id:srt_mugen:20190916142312j:plain

「滑り」のリスクもなんのその、結構斜めって走る

転倒も多かったが、低速コーナーが多いのでダメージは少ない(はず?)

f:id:srt_mugen:20190916142439j:plain

レース界の「希望の星」超ヤングなライダー(LOC常連氏の息子さん)

結構イイ感じで走っていた 

f:id:srt_mugen:20190916142713j:plain

アニマルボートさん製作のマシンは、どれもセンス良く美しい!

f:id:srt_mugen:20190916142822j:plain

テッズさんのC200(90cc)には、CRキャブ装着(26ミリ?)

C200は25年位前に「Cafe」に改造したのを思い出した

まだ持っていれば、このレースに出られたかもネ?(ナイナイ)

f:id:srt_mugen:20190916142933j:plain

「希望の星」ライダー君のマシンは「空燃比センサー」使用でセッティング!

真似したいアイテムでは有る

f:id:srt_mugen:20190916143124j:plain

寒けがしたので午前中で帰宅(午後の耐久レースも見たかったが)

NSR250R MC18 '88 リアサスのオイル交換-3(試走確認)

チェーンブロックをシートレール部に掛け、後部を吊り上げる 

f:id:srt_mugen:20190915105326j:plain

チャーンブロックの位置をずらそうとしたら、

チェーンブロックが落っこちてタンクが凹んだ(心も凹んだ・大泣)

f:id:srt_mugen:20190915105419j:plain

リアホイール/サイドカウル/アンダーカウルを外す

'12/8と'16/1にスイングアーム交換した際に、リンク部は清掃した

そのため簡単に分解出来た(BRG/ボルト/ナット等)

'89SPのリアサスのリザーバータンクは狭~い場所に押し込まれている

バンドで括り付けられていて、外すのに時間が掛かった

f:id:srt_mugen:20190915105640j:plain

一昨日オイル交換したサスと、取付位置の長さを確認した(同じ)

画像上の’89SP用は、ノーマルサスと外観が全く異なる

「伸び側」「縮み側」の減衰力を調整出来る「高級品」!!

f:id:srt_mugen:20190915105845j:plain

早速、高速道にて確認 突き上げが少なくなった

ジャンクなノーマルサスもオイル交換しただけで、古いSP用より格段に良い

GAS抜けサスでも問題なし(オイル劣化/漏れの方が問題らしい)

段差の吸収が穏やかになった SP用もOHしないとねぇ~

今度はフロントの固さが気になって来た サスセッティングは難しい

いつものPAにて休息 Cokeを飲んでくつろぐ

34km走って、GAS2Lを給油

f:id:srt_mugen:20190915110134j:plain

6時半から10時半まで作業と走行

CRスペシャル・キャブ SJホルダー製作

昨年秋から、CRキャブのセッティングを実施しているが、

必要そうなSJを多数購入して保管するのも嵩張る

コンパクトに整理するため、アルミC型材でホルダーを作った

一昨日に素材を加工して(下穴は一昨日加工済)タップを手配していた

今日配達されたので、早速ボール盤にM3.5P0.6のタップを装着

ネジを垂直に立てるための工夫(ハンドでは揃い難い)

f:id:srt_mugen:20190913153426j:plain

ウエカバーをあけベルトを外して、プーリーを手で回す

f:id:srt_mugen:20190913153534j:plain

ホルダー横に番手を記入して完成

f:id:srt_mugen:20190913153714j:plain

もっと数の多いMJも同じ様にホルダーに整理している

f:id:srt_mugen:20190913153804j:plain

セッティングBOXに上手く納まった

40数年前の現役時代からの整理方法だが、他の人は如何に?

f:id:srt_mugen:20190914070255j:plain

3時から30分程で終了