無限空間ー新館

1973 MFJ第3戦ノービス125 (CB125S鈴鹿レーシングSPL) 「21」於: 鈴鹿サーキット

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-8(インナーロアカウル加工・完成)

ノーマル部品を約3cm切った後、

少し調整したら、ピッタリ合った ヨシヨシ

取付ねじ類もそのまま使えて助かった

ノーマルのMC18(89)は、ラジエターとロアカウルの間に1cm程のスキマが有る

まず、紙で大体の寸法を確認する

カウルに写し取り(単に3cm幅)、金鋸で切り取る

直線なので、左程苦労しないですむ

左:ノーマル 右:加工済み

左:加工済み 右:ノーマル

切断部の端部にテフロンテープを貼り、ラジエターとの接触に備える

実際は1mm程のスキマが有り、手で動かしても当たっている感触は無い

外側のカウルも装着して、全体の確認を行う

横方向の空気の逃げは、ほぼ無い

縦方向に逃げるのは、仕方ない

ラジエター下端とのスキマが、少し多かった

まぁ、これ以上詰められなかったから仕方ない

此処の丸みは、MC21用ラジエターと一致している

将来を見越した寸法決めだったのだろう

(か、HRCキットに合わせたとか)

ノーマル部品を流用したので、違和感は全く無い 

この穴から、温風が引っ張り出されて後方流れれば

股座が熱くなるのが、少しは軽減されそう(?)な気がする

覗き込んだ時の印象が随分変わった ヘヘッ!

7時から9時まで作業する

朝は22℃程で涼しい 日差しが無いので楽に作業出来た

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-7(ヒートガード製作・取付)

取り外されているが、MC21用ラジエターの左右に

「ヒートガード」なる部品が準備されている

ラジエターを通過した温風を、下方に逃がす様にガードする部品だ

無くても良いが、簡単な部品なので自作する

型紙を作り、0.7ミリアルミ板で形状を決める

カーボン調カッティングシートを貼付けて、それらしくなった

ラジエターが隠れて見た目も良い

温度も上がらないだろうから、シートでも大丈夫だろう

少しネジ穴が甘いので、緩んだらリベットで固定する

左側も同じ作業を行う

7時から9時過ぎまで作業

降ったり止んだり、晴れたり曇ったりの不安定な天気だ

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-6(エンジン始動)

上手く付いた

フルカウルになると、全く見えなくなるのが残念だ

ラウンドした形状は、高性能だと勘違いしそうだが

(だから、どうなんだ?って)

ほとんど変わらないはずで、1回やってみたかっただけだ

MC21用のアッパーホースもピッタリ付いた 長さは全く問題ない

「ドラレコ」の配線をアッパーカウルの内側に、丸めて移動する

水道水を入れてエンジンを掛け暖機すると

キャップ下から、ポタポタと水が垂れてくる

ゴムの劣化で、細かいヒビが有ったせいだ

別なキャップを付けて確認 OK

ラジエター/車体/エンジンに加工を加える事無く装着出来た

まぁ、ラジエターを囲むフロントカウルが付かないのは予定していた

さて、これからどうしようかな?1回試走したら戻すかも

ステー2個と平ワッシャー1枚/カラー1枚/ゴムワッシャー1枚を追加

ホース2個交換で出来てしまった もう満足だ

Fフォークパイプは、超キレイ!

フォーク自体は、MC21SE(SP)用の減衰力調整タイプの改造だ

7時から9時まで作業

日差しがちょっとでも有ると、いきなり熱くなる

もう8月かぁ⁇!!

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-5(ステー製作・装着)

早朝に大急ぎで製作したステー2個

(6/28に製作したアルミステーは不採用)

17ミリオフセットしている

左側

右側  サンダーで成形したがイマイチ

念のため、簡単な図面を書いておく

フレーム側のネジ頭とラジエターステーがギリギリで収まった

右側には少しスキマが出来るので、3.5ミリのゴムワッシャーを挟む

ラジエター側のクッションゴムには、カラーと平ワッシャーを追加する

内側のオイルタンクとのスキマも十分確保出来ている

右下のロアホースの長さは、当然足りない

MC21用だとピッタリだ 新品を買った

左上のアッパーホースも、全く合わない

MC21用を手配しているが、まだ届かない

ここは、追加工が必要になるかもしれない

アッパーカウルに下側ともギリギリ接触していない

ただ、エンジンの前に位置するフロントカウルは付かない

希少部品の加工には躊躇する(Yオクでも¥40もする!)

 

6時半から9時半まで作業する

気温が3℃程低いだけで、暑さが和らいでいる

台風待ちの天候だ

 

夕方にアッパーホースが届いたので、比較してみる

左:MC18用 右:MC21用

無加工でフィットすれば言う事無いのだが、

そうは問屋が許さない?ってね

明日にでも付けてみたいが、天気予報が微妙だ

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-4(水洩れチェック)

ゆがみ等を修正し、ソコソコ磨いたので、

水漏れチェックをやる

(水の中にいれるので、エアー洩れチェックとなる)

椅子の足に付ける21ミリ径のゴム足を

マスキングテープで付ける(金属バンドの方が確実だが)

片方のゴム足に4ミリの穴を開ける

こちらには穴なし

上を切り取ったポリタンクに水道水を満たし、

ゴム足の穴から、エアーを吹き込む(エアー圧は絞る)

エアー洩れ無し ヨシヨシ

ゴム足を入れ替えても(ポリタンクの長さが足りないので)漏れなし

少し圧を上げると、

キャップ横の穴からエアーが逃げ、泡が浮かんできた ヨシヨシ

ここの首も曲がっていて、グイッと元に曲げ直している

多少の懸念は有ったが、キャップの密閉と圧解放も問題なし 良かった

鉄の蓋にサビが有るが、機能はOK

10時から10時半まで作業

カンカン照りで汗が噴き出す やれやれだ

NSR250R ウォーターポンプギアのクラック対策-8(乾式カバーに組付)

MC21用乾式クラッチカバーに組み込む

「輪っか」と他の部品との接触も無い

ワッシャーを紛失しない様に、シャフトにテープを巻いて置く

新品ガスケットにグリスを薄く塗って組む

終了

今日も酷暑の予報 

部屋に籠るしかないのか?

それが一番だ

MC18(89)にMC21用ラジエターを付けた!-3(ステー製作)

ライトデザインに行ったついでに、ステーを作る

3ミリ厚ジュラ材を加工したが、少し寸法を間違ったかも?

位置関係がおかしい?

ちゃんと仮付けして、寸法出した方が良い

暑くて、屋外の作業が出来ない

11時半から17時まで作業(往復時間含)

今日も熱い1日だった

小嶋社長Thanks!!