無限空間ー新館

1973 MFJ第3戦ノービス125 (CB125S鈴鹿レーシングSPL) 「21」於: 鈴鹿サーキット

CB90(#4)エンジン(R-1 B2)

CB90/CB125S エンジン欠品部品製作-1(ニコイチで製作)

一体型ヘッドが1個有るが、部品が1点無いので作る セットプレート(正式名:ロッカーアームセットプレート)を 125JX(383)用を加工して「ニコイチ」で形にする 一体型ヘッド用は六角ボルトを使う ライトデザインに行き溶接して貰う 小嶋社長Thanks!! 左右が厚いので削る 裏側に3ミリ厚のスペーサーを…

CB90ヘッドにロッカーアームが組みにくい

RSCカムを確認する時、ロッカーアームの出し入れが上手く行かない どうもタペットカバーにネジ部に当たっているようだ 別なヘッド(CB90)は「逃げ加工」されている(砂型が違う) 上の画像と比較すると、エンジンハンガー部の形状も大きく異なる TL125(CB125Sと同じ)も逃げている ど…

CB125S(RSC)カムをCB90ヘッドに組む(組めない)

数年前、知人から「CB125S(RSC)カム」を購入したので CB90ヘッドに組み込めるか確認してみる CB90R(100cc)の予備部品として、同じ加工を施したヘッドで確認する まず、入口の軸受け部に入らない(矢印部を削る必要有り) (このヘッドは、別なハイカム用に加工したので入…

CB90R ネイキッド(マグ点火に交換ー2)

ACGローターASSYとポイント部を取付ける CDI用ローターとコイルを取り外し テンショナーの押えの金具(JX加工品)を追加する XL125K2のACGローター/コイルを取付ける ローターが、大きいなぁ~ ローター側面の穴は、工具が使える様に追加工したもの 点火時期(ノーマル)とポイントスキマを調整する(0.35~…

CB90R ネイキッド(マグ点火に交換ー1)

CDIを外して「マグネット点火」に変更する マグ点火自体は、過去の実績があるので安心だ(かな?) まず、IGコイルを取り付ける オイルクーラ-との位置が微妙だがOK エンジンハンガーボルトとのスキマもギリギリ確保(ボルト頭) タンクを装着してスキマ確認 OK~ 三ツ又の配線を作る メスギボシ…

CB90R 2019@GoodOldays 準備-17(オイル漏れ修理完了)

ドライバーで突ついてデブコンが固まった事を確認し、カバーを組む 湖畔に行き、エンジン始動 オイル上がりは必ず確認する 「釣り人」が来ないうちに終わった(終了直後、人が来た) 小排気量ながら、かなりの爆音なので一般ピープルには迷惑だ 漏れ無を確認 (バンド締め忘…

CB90R 2019@GoodOldays 準備-16(エンジン始動・オイル漏れ修理)

湖畔でエンジン始動 始動性はすこぶる良好 キャブのオーバーフローが有り、チャンバーを外し中のプラ部品を外す MJ・SJを囲む例の「傘」みたいな物 ロードでは不要なり エンジン周りを確認したら、オイル漏れ発見 オイオイ! 吐出パイプとケースとの間から漏れている 22年前の、いい加減…

CB90R 2019@GoodOldays 準備-15(クラッチカバー交換とOH)

油温が130℃まで上がってしまったので、やや焦げ臭い 左ケースだけ外して、キックシャフトを抜いた クランクは、125(167)に較べて7ミリ小径 当然自作加工品 112ミリ⇒95ミリ 20/90の振分で「ハの字」加工 キックシャフト重量約460g(カバーのアルミプラグ分を引いた) 結構な軽量化なり らしく!…

T字レンチの短縮溶接とテンショナー押えの補強溶接

10ミリのユニバーサルTレンチを工具箱に入る長さに10cm切断し溶接した CB90Rのテンショナー押えの曲げた箇所にクラックが有るので溶盛補強 あれこれライトデザインで溶接して貰った 小嶋社長Thanks!

CB90R 2019@GoodOldays 準備-11(CDIユニット装着-3・再確認)

昨日の始動確認は、公園の駐車場で行ったが すぐに人が来たので、充分に回せなかった 今日は、車の来ない湖畔道路の突き当りに行きエンジン始動 エンジンを観察しながら2分間程回したが、問題無さそうだ 来週は、エンジンを降ろしてキックシャフトを取り出しクラッチカバーを交換す…

CB90R 2019@GoodOldays 準備-10(CDIユニット装着-2・始動)

ローター重量を比較すると、700g⇒500gと軽くなっている 慣性モーメントだと半分以下になっているはず(計算出来ないが) ノーマルローターでも結構小径だが レーシングCDIのローターは更に小さい ローターの半月キーも薄くなっている(CDIローターが小さいので) 矢印のアルミプレートは、テンショナー押え用(…

CB90R クラッチカバーのキックシャフト穴用プラグ製作-3

液体ガスケットだけでは不十分と考えなおし、パッキンを挟む パッキン両面に液体ガスケットを薄く塗り万全を期す 良いねぇ~

CB90R クラッチカバーのキックシャフト穴用プラグ製作-2

午後天気も回復した 早速ライトデザインに行き 旋盤でプラグを製作する 小嶋社長Thanks! クロスミッションは2台分あるので、2個作る 穴径より-0.05~0.10ミリ小さく作る(圧入しない) ピッタリ!である 外側側面に液体ガスケットを塗り 内側から20ミリ径のM6ワッシャーを当て締め…

CB90R クラッチカバーのキックシャフト穴用プラグ製作-1

カンリン製クロスミッションを組み込んでいるので、キックは不要だが 穴があいたままなので、シャフトだけ残している 結構な重量が有るので外したい プラグ(蓋)を作り埋める事にする CD125Sエンジンに付けていたタコギア付カバーをオリジナルに戻し 交換したタコギア付カバーにプラグを付けたい オイル…

CB90R エンジンの確認-2(オイル漏れ修理)

11/4の走行会に向けて確認作業 過去2回の走行でアンダーカバーにオイルが落ちていて気になっていた ドレンボルトのワッシャーを交換し、湖畔でエンジン始動したが改善せず よく見ると、な~んとクラッチカバーのオイルラインから漏れていたのを発見 帰宅して、ガスケットを観察すると確かにリークし…

CB90R エンジン確認-1

2回走行会に参加したので、11月の走行会に向けて確認 何処からかオイルが滲むので、ACG側の角リング/クラッチ側のガスケットを交換 網フィルターのゴミは無し 遠心フィルターもソコソコ キックシャフトは「ギア無」単なる栓 ポイントスキマ/点火時期を合わせて終了 8時から9時半まで作業 日差しが有って…

CB90R(仮)エンジンに載せ替え-21

12月初旬に確認した「R仕様」に載せ替える オイルを追加(分解したので) ファイナルを14T⇒15Tに変更(ドリブンは41Tのまま 40Tに替えたい) 午後に湖畔土手道路にて試走 オイル上がり確認 押し掛けの始動良好(PE28装着) 他走行に問題ない 少し太腿が熱くなる ホーンの配線が切れ…

CB90SP(仮)エンジンの試走後の再確認-20

試走後のピストンヘッドとバルブの当りが無いか確認 OK 網フィルター/遠心フィルターの掃除(ほとんどゴミは無い) 新品カムテンショナーのため、少し張り調整 スプロケット穴を間違わない様に組む 来春まで保管 チェンジロッド修正を含めて、8時から11時まで作業 曇天なので、やや肌寒い

CB90SP(仮)エンジンの試走とキャブセッティング-19

湖畔の小さい公園の駐車場で作業(自賠責にも5年入る) #8イリジュムプラグ使用 PE28(SJ#40)でMJを#95⇒#102⇒#105と上げて良い感じに焼けた 全開時の吹けも問題ない 1万を越えるとパワーが盛り上がる(嬉) カンリン製クロスミッションの作動も問題無し(スコスコと入る) ただファイナルがノ…

CB90Rエンジンの製作-18 (組立)

燃焼室容量を測ると12ccも有る 圧縮比9.3(ノーマル9.5) ピストンヘッドのバルブ逃げ/バルブ加工で、随分と容積を増やしてしまった 圧縮比は「11.0」以上は欲しい さて、どうしたもんか? 1回回してから考えよう ミッションも確認しないといけない 以下、現在の諸元 CB100初…

CB90Rエンジンの製作-17 (ピストン加工)

井上ボーリングから返ってきたシリンダー(プラトー仕上げ)に、 CB100の0.5OS(50,75ミリピストン14ミリピン)をレーシングカム用にバルブ逃げ加工する EXは少しの加工で良かったが、IN側は深く加工 4回やって終了 ここの加工は、少しずつ加工するのが肝心だ 機械加工出来ないし その前…

CB90Rエンジンの製作-16 (クロスミッション組込)

ノーマルエンジンのクーラー吐排出ニップルの付いたRケースと交換した 新品の「カンリン製クロスミッション」も組込んだ キックシャフトはクラッチケースのメクラ栓の代わりに組み込んだ クラッチカバーもK1用の塗装品に交換(剥離剤で剥がした方が良いかも) フィルターケースは「440」オイルポンプのギア逃げ加工された物に交換…

CB90Rエンジンの製作-15(部品交換)

STDエンジンにヘッドとACGカバーを移設し、ドレンボルトもワイヤリング穴付に交換 オイルレベルゲージの代わりに、ブリーザー穴付きボルトを装着(ジャンクエンジンから) 以前レーシング仕様に削ったヘッドを載せる カムはノーマル(新品) 50.5ミリシリンダの到着を待ってから、レーシングカムを組む(ピストンヘッド加工必…

CB90Rエンジンの製作-14 腰上組立

元のノーマルヘッド/カムを組む 50.5ミリピストンが届いてボーリングが隅まで保留 別なドレンボルトにワイヤーリング穴を開けたり、 フレーム製作用ダミーエンジンを処分したりした 8時半から10時半まで掛かった 日差しが強く汗が流れる 暑いよ~

CB90Rエンジンの製作-13 腰下組立

8/10にYオクで買って分解洗浄していたエンジンを組む M6ネジは古くて程度の良い物を使う(販売用には新品を使う) ケース自体は極めてキレイだったので磨く必要は無し 加工したテンショナー基部の外れ対策部品を組む 気休めだが、クラッチ裏のBRG横にカシメポンチを4か所打つ 以前削った軽…

CB90Rエンジンの製作-12 腰下確認

オイルポンプのカバーに「48.5.16)」(昭和48年)の刻印が有るが、 丁度、レースデビューした時期なので、何故か嬉しい(お互い生きていた事が) 中身はキレイだしケースも磨いた跡があるので、過去OHされたみたいだ 車体から降ろされて前部を斜め下にして放置されていたみたい…

CB90Rエンジンの製作-11 中古エンジン腰上確認

シリンダはサビが深くて使えないだろう ヘッドのIN/EXスタッドも上手く抜けた バルブを磨いて摺合せする シートの程度は良いので漏れは無い 後は、ポートのバリを取ったらOKだ 曇り空で今にも降りそうだ 8時から11時まで作業

CB90Rエンジンの製作-10 中古エンジン購入

ちょっと高かったが仕方ない 外観はキレイだ チェンジ/カウンターのシールが新しいが、シリンダ内にサビ有り動かない キックは降りないので無理に回さない 潤滑剤を吹き込んでおく 中身が怪しいが、ケースだけ欲しいので問題無し

CB90Rエンジンの製作-9 レーシングカム確認

塗装したヘッドのバルブ外周は削って有ったので問題無いはずと踏んでいた レーシングカム(20/50?)では、バルブ間スキマ1.4ミリでOK(0.8ミリまで許容) 気になる事は事前に確認しておくのが一番だ そこで思い出した このヘッドは。SL125SEにこのカムと共に筑波1000での走行会で…

CB90Rエンジンの製作-8 ヘッド/シリンダ塗装

107(CB90)のヘッド/シリンダ(48.5ミリ/0.5OS/92cc)の塗装 台風のせいか、蒸し暑い 明日は荒れた天気になりそう