無限空間ー新館

1973 MFJ第3戦ノービス125 (CB125S鈴鹿レーシングSPL) 「21」於: 鈴鹿サーキット

CB125S1号機(LOC)を124ccに戻す-3(始動!ん?残念)

CB125Sノーマルエンジンと交換する 始動すると、異音がする ん? Sto~p!! ピストンとバルブが当たっている音だ ん~ どうも削りが足りなかった様だ この失敗は初めてだ(無限さん衰えたり~・泣) バルブの傘部も追い込めそうなので次回に加工する このままでは動かせな…

CB125S1号機(LOC)を124ccに戻す-2(更に組換え)

昨日、107ヘッド/383ピストン/365カムに組み換えたが 苦労して削った383改カムを何とか使いたい そこで365ヘッドのバルブ外周を削ったら バルブ間のスキマが確保できた 無事に383改カムを使える カム軸受を更に磨き上げる 青砥で仕上げ 径が0.03ミリ細くなったが問題無い このカムは…

CB125S1号機(LOC)を124ccに戻す-1(組換え)

XR200のピストンでボアアップ(167cc)した腰上を124ccに戻す このエンジンは、ほとんど回していない 365用ヘッドは、後のJX(初期型)と似たヘッドだ 365用ヘッドの中身もノーマルのままだ(アチコチ削っていない) これは「予備エンジン」として保管していたものだ レース用部品は予備を準備し…

CB90/CB125S用 流用カムの製作-2(確認/残念)

CB90ヘッドに入れて見るが、 バルブ同士がダダ当たりで全くダメ バルブ外周を削っても、全くダメなレベル ここで、あっさり流用カム使用は断念する 90系縦型エンジンのカムは、自分で使用しただけで 10種類以上有るが、流用は中々難しい カムプロフィルを手加工したいが、超難し…

CB90/CB125S用 流用カムの製作-1

一体型ヘッド用のカムシャフトを1本欲しいが、無い(有るが) (TL/CB用新品は1本ずつ有るが、使わない) で、無い物は作る 正確には流用する CB125JX(323)用の軸受を細く削れば使用出来る 実際、旧車レース用エンジンにメガサイクルカムを加工流用している そのカムは外注で研磨して…

CB125Sエンジン-3号機の組立-10(慣らし走行-2)

明日/明後日と雨予報のため、 今日慣らし走行は済ませる 風が強く蒸し暑い中、元気に走り出す その前に、MJを#108⇒#105に交換 10km程走ってプラグ焼けを見ると、良さそうだ 通勤渋滞が始まる前に65km走破(1時間半) 近所の周回コースをクルクル回る 結構スムーズに走…

CB90/CB125S エンジン欠品部品製作-1(ニコイチで製作)

一体型ヘッドが1個有るが、部品が1点無いので作る セットプレート(正式名:ロッカーアームセットプレート)を 125JX(383)用を加工して「ニコイチ」で形にする 一体型ヘッド用は六角ボルトを使う ライトデザインに行き溶接して貰う 小嶋社長Thanks!! 左右が厚いので削る 裏側に3ミリ厚のスペーサーを…

CB125Sエンジン-3号機の組立-9(慣らし走行-1)

走行前に、SJを#45⇒#42に交換 MJは#108のまま アイドリングが上がった(これまで、かぶっていた?) 2000に調整して安定した 30kmほど走る プラグ焼けも改善した 明日以降、MJを#105に絞ってみたい エンジンの調子は非常に良い 少しヘッドから音が出るので、走行前に確認…

CB125Sエンジン-3号機の組立-8(ピストン確認/試走)

3年近く放置していたから、中身を再確認する 「122」刻印シリンダーを56.5ミリにボーリングして 0.5ミリOSの新品ピストン56.5ミリを入れて有る JX(383)と同じボアで、124ccになった(金を掛けている) ピストンヘッドは、平らだ TLは、ここが凹んでいて圧縮比を落としている オイルポンプ…

CD125S(SL125E)エンジンの走行確認

放置していた一体型ヘッドエンジンには、 うっすらとアルミサビが出ていた(シリコンスプレーを忘れていた) サビを拭き取って、エンジン載せ替え(右から左に) オイル上がりを確認して、走行スタート いつもの湖畔コースを走るが、タコメーターが回らない はて? エンジンは、少しぐずつく まぁ、異音…

CB125JXノーマルエンジン2基 実走確認終了~

これにて、全て完了~ 今後「383ノーマルエンジン」を弄る事は無い 「サーキット用」に仕立てる「気力」が無くなった まだ、OH後実働確認していない一体型ヘッドの 90系縦型エンジンが、保管棚に3基放置したままだ 順番にやっつけて行きたいが、さて?ね

CB90(B3)エンジンの再改造-2(載替/試走)

実車に載せる 問題は全く無い 排気量増大を考慮して、MJを108⇒110に交換 簡単に始動しオイル上がりを確認 キックが重いが、レース用よりマシだ(レース用はXRピストン) リング合口スキマは大きいが、排気煙に異常は無い(嬉) 異音も感じない良好なエンジンだ いつもの湖畔コースを走る …

CB90(B3)エンジンの再改造-1(ピストン/カム交換)

このエンジンは、B3ヘッドにFTR223ピストン(65.5ミリ)を組んでいる それほど走行していない(100km以内?) 公道走行では、普通のカーボン堆積状態 CB90のバルブが小さいのが判る FTR223ピストンは、ピン上が14.5ミリしか無く CB90の15.5ミリより2ミリ短く、圧縮比も低くなる TLR200…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-10(ノーマル仕様で試走)

9号機と交換する 左:12号機 右:9号機 同じ仕様だが、少し違う 12号機のポートが削って有り、プラグ穴がリコイルされている MJを#110⇒#108に交換する ジェットは必ず「京浜純正品」を使うのが基本だ キック一発で始動(何か間違っているはず) 湖畔のテストコースを走る タペット音が…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-9(ノーマルに戻す)

オイルクーター取出し/短いクラッチレバー/XL125Sピストンと これらをノーマルに戻す事にする ヘッドを外して燃焼室確認 プラグの反対側が燃えていない? 良く判らない カメラ画像で確認した通り、ピストンとバルブとの接触は無かった MJは#108で良さそうだ(#110では、カーボンが多過ぎ) 元の…

CB125JXエンジン(J)-9号機の再整備-4(オイル漏れ補修)

昨日走行した際のクラッチカバー合わせ面からのオイル漏れを見る 合わせ面に三角砥石でバリを取り、キレイに清掃した 古いガスケットを再使用すると、ガスケットの厚みに変化が有り オイルが漏れやすくなる(CB90Rで同じ個所を1回経験) 稲刈り前の田圃の周りをグルグル どうやら大丈夫…

CB125JXエンジン(J)-9号機の再整備-3(載替/試走)

まだ、雨が降りそうにないので載せ替える 載せ替え作業に問題無し 左:9号機 右:12号機 12号機から抜いたオイルを9号機に入れて、簡単に始動 オイル上がりも確認した 異音は無く良いエンジンだ(嬉) クラッチレバーはノーマルなので操作も軽い(当り前・苦笑) いつもの湖畔を走る…

CB125JXエンジン(J)-9号機の再整備-2(組立)

塗装を終えたヘッドを組む 起動させていないから、キレイな燃焼室だ パーツクリーナーをポートに吹き込んで、 バルブシートからの漏れ再確認 漏れ無OK~ ピストンはノーマルのままだ(頭が低い) テンショナーは、摩耗が少ない良品だ 袋ナットは新品に交換する タペットスキマ/点火時期/ポイントスキマを再確…

CB125JXエンジン(J)-9号機の再整備-1(ヘッド塗装)

もう1基の在庫エンジンを再整備する 金鋸で汚れを落として組んでいたヘッドを、 降ろして塗装する 「見栄え」の問題だけだ キレイなヘッドの方が良いのが、最近理解出来る様になった 要は、「中身」より「見た目」って事だ 68歳(10月で)にしてやっと納得した プランター…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-8(ノーマルカムに戻し)

プラグ穴からマイクロスコープでシリンダー内部を見る 暗い画像だが、バルブとピストンの当りは無い様だ IN側 削った部位に当たった跡は無い 当たると、跡が白くなる(カーボンが飛ぶ) EX側 こちらも当たった痕跡は無い カムをノーマルに戻す 左:ノーマル 右:メガサイクル(高さに注目) タペットスキ…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-7(試走/セッティング)

蒸し暑い朝(既に31℃)走る 始動性も問題無し 2千ちょいまでアイドリングを上げる メカ音は色々有るが問題は無さそう 振動もやや多い 寄集めの中古部品で組んだから、まぁこんなもんだ 短いレバーのクラッチも走り出せば、苦にならない重さだ 整備不良のノーマルクラッチよりマシか…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-6(始動)

CB90JXに載せる 別体ヘッドは一体型ヘッドに較べてポートが短い為、 CR33キャブの位置がその分前進し、 シートレールの根っ子にキャブ上部が干渉する レール基部のパイプをキャブに合わせて削る 後方の固定用アルミステーも変更する MJを#95⇒#108に交換し、簡単に始動 オイル上がりを確認し…

CB125JXエンジン(JB)のOH-7(ポイント/ガバナー掃除)

赤いサビが有る グリスも無く カラカラの現状 ガバナーをバラシて、パーツクリーナーでサビ/汚れを落とし ポイントカム/インナーを磨いて ポイントもバラシて、洗浄し 当り面の荒れをダイヤモンドヤスリで平らに削って、 油砥石で丁寧に磨く 平行も上手く出た グリスを塗って組立て、終了 JBヘット…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-5(初期型ヘッド(J)にハイカム)

燃焼室が小さい(バルブ径も小さい)初期型(J)ヘッドに メガサイクルを入れてみると、バルブ同士のスキマは1.0mmでOK~ が、437(XL125S)ピストンでは、ピストンに当たる INはギリギリだが、EXはベッタリと当たる で、削る ほぼ1回削ったらOK 念のため、EXを余分に削っておいた バルブ…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-4(組換え)

JBのクランク/ミッション/キックシャフトと、改造した右ケース/クラッチレバーに入れ替える キックギアASSYの組付けに手間取った アルミカラーが逆だ 久しぶりなので勘違いしていた センターガスケットも破れて再使用出来なかった 腰下完成 クラッチワイヤーホルダーは、左のJTL125(D06)用に変更 少し外側に曲がって…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-3(オイルクーラニップル取付)

在庫に初期型(J)の右ケースが有り、 オイルクーラーの取出しニップルが付けられている これに戻り側のニップルを追加した 一般的には、クラッチカバーに戻す 短くしたクラッチレバーはこのニップルを逃がすため ロードの場合、少々クラッチが重くなっても問題無い 戻りホースは、シリンダー右後方の空間を…

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-2(小物部品塗装)

昨日溶接して貰ったクラッチレバーとEXフランジをトップヒートで塗装 暑かろうが寒かろうが、毎日コツコツと休みなく作業する 今日も35℃越え、簡単な作業でも汗だくだ まだまだ暑さは続く様だ

CB125JXエンジン-12号機(J)の改造-1(クラッチレバー短縮)

この先の事を色々考えて、 レバーを20ミリ短くする(長くするのが、一般的) ライトデザインに行き溶接して貰いました 小嶋社長Thanks!! 「くの字」に曲がっているのは、訳が有る(たいした理由ではない) ノーマルとの比較 1時から4時半まで作業(往復含) 今日も暑い そろ…

CB125JXエンジン(JB)のOH-6(アルミ部品を磨く)

ヘッド塗装が済んだので 他のカバー類/右ケースも簡単に磨く これらは塗装しない 左ケースはドレンのネジ崩壊で破棄したが 右ケースは、カウンター軸受がニードルベアリング仕様で貴重だ 左右ケースは同時加工ではないので、問題無し NSRは上下ケースに番号刻印が有り、他のケースは使えない 一体…

CB125JXエンジン(JB)のOH-5(ヘッド-2組立/塗装)

メガサイクルのセミレーシングカムを入れて、バルブ間のスキマを見る 外径を削っていないノーマルバルブ間でも、 スキマは1.3ミリ有る これなら絶対当たらない ヨシヨシ CB125JX初期型(J)やCB90B3のヘッドでは削る必要有り ステムトップに傷も無し(最近ここから千切れた例有り) ステムシールは、新…